So-net無料ブログ作成
検索選択

マメルリハのメガバクテリア症 [ホモトキシコロジー]

マメルリハの患者さん。
便が緩めで、嘔吐はなく、痩せて元気が無い。
病気ストレスのせいか、気が荒い。
糞便検査で、メガバクテリアが多数選出された。
メガバクテリアは、主に上部消化管に悪さをする。
どちらかというと、下痢より嘔吐の方が多い。
場合によっては、糞便検査で検出できないこともある。

この子に、ファンガード注射するのちょいとひいちゃうな。
かなりストレスかかりそう。

で、バイオレゾナンスチェックを、39.3に合わせる。39.3は、メガバクテリウムの周波数で当然共鳴がある。
この周波数のブロックを解除できる経口薬を探す

EngystolとBHI Diarrheaの2種類。
あくまで、この子にはそれが良いということ。

飲水投与で、1週間後には便も良くなり、メガバクテリアも検出されなかった。
胸の筋肉も徐々につき始めて、ほっとした。
しかし、このカビ(と思われる)はかなりしつこいので、6週~8週は続け、定期的に
駆除したほうがいい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る