So-net無料ブログ作成

うちのワンちゃん達です。 [思い出]

久しぶりに、天国に行ったうちの子たちの写真を見た。
いや~、親ばかかもしれないけど(たぶん、そうでしょう)、すばらしいわんちゃんたちだったな~。
おそらくこれほど素晴らしいバーニーズマウンテンドックに出会うことは、二度とないだろうな~。
(完全に親バカです。今日はただの飼い主になってます。お許しを。。)
デュークは最高潮の時は、体重52kgあった。そりゃ~、存在感あったよな。
おもいっきりフレンドリーで広い心を持っていて、どんな犬でも猫でも、小さい子供でも100%安心できる子だった。
そして飼い主の気持ちを読んで自分で考え行動するタイプだった。

ハスキーのラフィーは、犬と子供は大丈夫だけど、猫はちょいとあぶなっかったかも。
咬むことはないけど、べろべろ猫の顔をなめて、ひつこいもんだから猫パンチくらってたっけ。
この子は、ハスキーの血が騒ぐってのか、走るのが大好きだった。あと、よく蝉を食ってたなぁ。
そうそう食べるのが大好きな奴だった。で、絶対服従で、無抵抗な子だった。

この子たちが生きていたころは、病院に写真を飾っていたが、死んでからは、飾らなくなった。
あまりに存在感がありすぎて、思いだすのが辛いんだよね。
デュークが死んで8年が経った。ようやく少し立ち直れたような気がする。
でも、もう自分では飼えないな。
自分にとって、最高の犬達を知ってしまった。
他のバーニーズを見ても、デュークとは全然違う。同じじゃない。
代わりはいないんだよね。
今後飼うことはないと思うけど、もし、万が一飼うならシュナウザーかな。。。
最近、シュナウザーがすごくかわいいなと思う。
うちに来てるシュナウザーはみんなかわいい。そして、クールなんだけど、よく考えて行動している。
そのかわいい子のなかで、一人東京に引っ越すことになった。
なんていうか、、寂しいね。。
その子には、僕の親友の獣医さんを紹介した。
きっと、その病院でも可愛がってくれるにちがいない。
東京に行く最後の日、飼い主さんはその子を連れて別れの挨拶に来た。
その先生とは友達だし、運がよければ東京でまた会おうね!
DUKE冬.JPGDUKE&Ruffy 海.JPG
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

山本

 故愛犬への思い・・わかる気がします。
以前にホモトキシコロジーの件でご相談に載っていただいた愛猫チビを16歳半で3月29日に突然死(自宅での静脈輸液中2日目に突然の開口呼吸で病院で人工呼吸器を装着しましたが12時間過ぎても意識が戻らず脳死判定、心臓だけは丈夫らしくずっと動いていました。脳血栓のようなものが原因と推測)で失い、原因不明というモヤモヤは一生消えないと思います。
 今いる18歳の長男猫(慢性腎不全と診断され4年9ヶ月、以前の先生から教えていただいたホモトキシコロジ-を追加し輸液とともにケア中)、三男猫16歳をいずれ看取ったら、たぶん きっと もう猫は飼えないと思うからです。
 彼らへの思いが深すぎて、たぶんほかの猫を愛せない気がするのです。

 先生が 故愛犬の旅立ちから 8年過ぎて 少し立ち直れた のですから、たった7ヶ月しか過ぎてない私が立ち直れないのは普通なんだと思いました。
by 山本 (2010-10-17 15:11) 

メチャ

山本さん、お久しぶりです。
世の中の飼い主が皆、山本さんのようであってほしいと願います。
猫ちゃんたちは、山本さんの家族なんですよ。
死んで、苦しくないはずがない。
代わりなんて、いないんです。
立ち直ろうと、無理しなくていいんですよ。

ただ、ひとつだけ言いたいのは、どのような最後であれ猫ちゃんは、山本さんを愛しているということです。
そして、いつまでもそばに居て、他の猫ちゃんや山本さんを守ってくれるでしょう。


by メチャ (2010-10-18 00:56) 

山本

お仕事がお忙しい中 お返事ありがとうございました。
昨夜 獣医のドラマを見て、また思い出してしまいました。
高層マンションから落下して脳に血腫ができた猫ちゃん、結果として意識が戻り助かってよかったです。
脳の手術をできる医師が近くにいたら(そのときの医師には脳の手術はできないと言われました)、チビはもしかしたら助かったかもしれないと・・。(年齢や持病もあり麻酔に耐えられないかもしれませんが)
TVですけど、約20日間意識のない猫が輸液などの措置がないまま自宅ケアは不自然と素人でも思いました。

 ホモトキシコロジーや自然療法の記事、今後もたくさん書いてください。
今後も拝見させて勉強させていただきます。
PS 1つ訂正です。長男猫 闘病ケア3年9ヶ月でした。
by 山本 (2010-10-18 14:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。