So-net無料ブログ作成
アニマルコミュニケーション ブログトップ

3.11 愛は壮大 [アニマルコミュニケーション]

この記事は、デューク自然療法クリニックwww.duke1998.jpとヒーリングスペースカムイhttp://ameblo.jp/healing-space-kamui/のHPから転載したものです。

ナッツ君が教えてくれたこと

3.11・・・・あの日多くの命亡くなりました。
そのひとりに、ミニチュアダックスの男の子、ナッツ君(当時12歳目前)がいました。
ナッツ君のお母さんからお聞きしたこと、頂いたお手紙やメモから、お役に立てるべく、形にしました。ナッツ君のお母さんから託されてから、かなりの日数をへてしまったのは、私なりの思いを込めつつ、正確に、かつ、十分にお伝えしようとすると、なかなかうまくまとめられなかったためです。何とか今日、2013年3月11日、ここにUPすることがきました。
全ての魂が、どうぞ光に導かれますように。。。

2011年3月11日の岩手。
いつものように、ナッツ君は大好きなぬいぐるみとお留守番、お母さんは職場の動物病院へと出勤しました。
それが最後になるとは、誰も予想などできませんでした。

そして、大地震、大津波が起きました。

津波はナッツ君のおうちを呑み込み、そのあとには、住宅の基礎コンクリート部分が残るだけで、その他一切が消えてしまいました。建物も、ナッツ君も、手がかりすら、何も無く、、、

全てを失った衝撃と悲しみは、想像を絶するものだと推察しますが、お母さんは気丈に、助かった子達のお世話を続けます。(お母さんは、動物病院の看護師さんです。)

何カ月かの後、お母さんは岩手を離れることになりました。

その後、当時の病院スタッフ同士の絆から、その年の11月に石川県金沢市で開催されたローレン・マッコール先生の講演と個人セッションを受ける縁にいたりました。

その時の、ローレン・マッコール先生によるアニマルコミュニケーションを通して、ナッツ君はとても興味深いことをお話ししてくれました。

お母さんはまずナッツ君に謝りました。
「ナッツひとりで恐く苦しい思いをさせてごめんね。」

ナッツ君:「あやまらないで。誰も悪くない。」

お母さん:「お母さんはもちろん、みんなも、ナッツと別れてとても寂しいよ。」

ナッツ君:「ボクも寂しいよ。突然終わって残念!!
       とてつもない事が突然おきて、アッという間もなく、という出来事だから、しかたがない。
       でも、大地に裏切られた怒りを感じるよ。」

ナッツ君は、お散歩やお外に出るのが嫌いな子でした。そのナッツ君が、なぜか震災の前日は、外に居たがり、家に入ってからも、外に出よう出よう、としていたのを、その時は不思議に思っていたけれど、翌日震災の津波で家ごと流されてしまったあとになると、あの行動は、地震や津波がくることが分かっていて、「外に出よう。逃げよう。」と教えてくれていたんじゃないかと思い、聞きました。

ナッツ君:「何かとんでもないことが起こり、自分達の命が失われることは、3日前から分かっていたよ。
       外に出る行動をとったのは、他の仲間にその事をテレパシーで送っていたからさ。」

お母さん:「お母さんはとてもナッツが大好きだし愛していたよ。いつも一人でいることが多くてごめん
       ね。ナッツの好きなものと嫌いな物を教えて。」

ナッツ君:「ボクもお母さんが大好きだよ。一番うれしいのは、仕事から帰ったお母さんを出迎える瞬間
       さ。
       嫌いなことは、風と病院!!(この嫌いなことは、生前十分にお母さんは認識していました。
       お母さんくらいしか知り得ないことだったのですが、実際風が大嫌いで、少しでも歩くのを嫌
       がり、すぐ抱っこ!だったそうです。)

お母さん:「ナッツは散歩や他の犬ちゃんが苦手だったよね。」

ナッツ君:「ボクは、他の犬(仲間)が考えていることが、ダイレクトに伝わってきてしまうので、いろんな
       思いを感じすぎて具合が悪くなるので、散歩や他の犬も苦手だった。」

この答えを聞いて、お母さんは、散歩や他の犬との交流を無理強いしなくて良かった、これはナッツの個性なのだ、と理解することにしたのは正解だったと、心底思われたことを、私に話してくださいました。
散歩や他の犬が苦手なのを、訓練やトレーニングで修正すべきなのか悩んだ日々があったそうです。
しかし、そういう視点は、まさしく人間からの価値観の押しつけでしかないことも有り得ることを、ナッツ君は教えてくれました。

さて、今はどうしているのかと思い、
「そちらの世界では他の犬ちゃんと仲良しでいるの?ロビーやラッキーに会ったの?」

すると、
「それどころじゃない、忙しいんだ」という答えが返ってきました。

ナッツ君の説明によると、震災で亡くなった多くの魂が故郷(動物達は魂の帰るところをこう呼びます)に帰れないで迷っているらしく、その迷っている魂たちをひとつにまとめて、故郷に導く作業するをナッツ君はしているのだそうです。

ナッツ君いわく、
「パトロール隊ってところかな!!
お母さんも動物病院で病気の子の世話をしていたから、ボクもお母さんも、お互いそれぞれの世界で同じことをしていたって感じかなあ」

お母さん:「ナッツを愛してくれた皆に伝えたいことは何?」

ナッツ君:「ボクを愛してくれたみんなとお別れして、ボクもとても寂しいよ。
       でも、地球も生き物だから、異常なことが正常に戻ろうとする時は、この様に大きな変化を
       起こすんだ。
       だからといって、恐れないで自然に身をまかせていればいいのさ。
       本当に大切なのは愛。
       愛は壮大。
       このことを伝えてほしいな。」


ナッツ君、ありがとう!!!
  

ローレンマッコール先生セミナーご報告 [アニマルコミュニケーション]

去る11月14日(月)、かねてよりご案内しておりましたローレン先生の講演セミナ―が、無事開催され、好評のうちに終了しました。
 気がかりだったお天気も、全国的にも不利な冬型を駆逐する強い味方(我が家の亡き長女のお天気パワー!)のおかげで、分厚い暗雲を押しのけ太陽が顔をのぞかせ、力強く暖かい陽光が会場を包み込んでくれました。
 翌11月15日(火)は、当クリニックにて、ローレン先生によるアニマルコミュニケーションのプライベートセッションが行われ、皆さん貴重な時間をお過ごしになられました。
 セミナー報告を改めて企画する予定でいますが、まずは、雰囲気のご報告をご覧ください。デュークのHP中、トピックスの中の、研修報告にあります。→  http://www.duke1998.jp/topics/cat56/">
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お知らせ [アニマルコミュニケーション]

11月開催のローレンマッコール先生のプライベートセッションは満席となりました。
講演の方はまだ若干名お席があります。
プライベートセッションは、遠くは群馬から出席されます。
嬉しい限りです。
有り難うございました!

ローレン マッコール先生の講演およびプライベートセッションのお知らせ [アニマルコミュニケーション]

ローレン マッコール先生の講演およびプライベートセッションのお知らせ

テーマ「動物の死生観~彼らが語った生きる意味とは?」
著書「動物たちと話そう」の世界的に有名はアニマルコミュニケーター、ローレン・マッコールが語る動物たちからのメッセージに耳を傾けませんか?
そこには、きっと沢山の気づきがあるはずです。
今回は、3月の震災を動物たちがどう受け止めているのかについても聞くことができます。

日 時 平成23年11月14日(月)
     9:30~15:30

会 場 石川県政記念 しいのき迎賓館

    (石川県金沢市広阪2丁目1番1号)

   3階 セミナールームB

定員  35名

受講料 10、000円

懇親会

   日 時 平成23年11月14日(月)
        18:30~
    定 員 (セミナー参加者対象)18名程度

    懇親会参加費  7,000円

    イタリアンレストラン Taverna Gappa(タベルナ・ガッパ)

●アニマル・コミュニケーション プライベートセッション

    日 時 平成23年11月15日(火)
         9:30~ 1件1時間

    会 場 どうぶつ病院 デューク自然療法クリニック

    定 員 6件

    セッション料金 25,000円

全ての問い合わせ先

D(ディ)-(-)smile(スマイル)! 堂前(どうまえ)侑(ゆ)加(か)

090-8701-0809

mail@d-smile.jp

http://www.d-smile.jp


ローレン・マッコール 特別セミナー&完全プライベートセッション開催決定! [アニマルコミュニケーション]

お知らせ

世界的に活躍するアニマルコニュニケーター、ローレン・マッコールが語る動物達からのメッセージに耳を傾けてみませんか。
そこには、きっと沢山の気付きがあるはずです...。
今回は3月の震災を動物達がどうとらえているかについても聞く事が出来ます。
また、今回はプライベートセッションもセミナー翌日に行われます。
大切なあなたのペットがどんな事を考えているのか聞きたいと思ったことはありませんか?
大切なペットに伝えたいことはありませんか?
完全プライベートスタイルで1時間コミュニケーションを楽しむ事ができます。
詳しくは、http://www.duke1998.jp/2011/08/post-29.htmをご覧ください!




福島第1原発とその燃料たちに、人類の罪として皆で謝罪しよう。 [アニマルコミュニケーション]

今朝、福島第一原発の中の燃料たちに、お話しすることができました。彼らは、静かに聞いてくれました。
私が何より伝えたかったのは、人類の罪の謝罪です。
人間の手で、モンスター化させられた原子力燃料たち。彼らは、人間がこんなことさえしなければ、敵でもなく、脅威でもなく、同じ地球上の一員として、ただただ共に生きていたのです。それを、無理やり引っ張り出してきて、監禁して、あり得ない分裂という非道で非情なことを強制したのです。身を引きちぎらせてエネルギーを取り出そう、ということをしてきたのです。全くユニティーに反する行為です。核燃料と呼ばれている彼らに対して犯したこの罪を、人類の一員として謝罪するしかありません。許してもらえることではないかもしれません。許してもらえないとしても、謝罪しないではいられません。本当にひどいことをしてきたと思うと涙が止まりませんでした。
それから、今まで、賛否両論野次罵声の中、ひたすら死ぬ思いで働いてきてくれたことに、感謝と慰労の思いを伝えました。そして、もう十分だから、もういいんだよ、もう止めていいんだよ、ありがとう、ということを伝えました。彼らは今、もうすでに自分たちが何者で何をしているか分からなくなっているような気がしました。あまりにも過酷な残酷なことを強いられてきた結果でしょう。分裂という、愛の正反対のことばかりやらされてきたのです。彼らに再び愛を取り戻してもらうため、私は毎日お話をしようと思います。I Love You.も伝えねば。
さらには、空気中、海水中に拡散された放射性物質と呼ばれるものたちにも、お話したいと思っています。共感していただけたかたは、皆さんの各自のスタイルで構わないので、ぜひ話しかけてみてください。愛と敬意と謝罪の気持ちで。そう、謝罪がカギです。反省無き祈りはエゴだと気づいてください。真の平和のために。。。

動物たちからのメッセージ [アニマルコミュニケーション]

今朝、ある猫ちゃんと、アニマルコミュニケーションした時に、以下の会話の部分を広く人間に伝えてほしいと要請されましたので、その部分のみ、皆様にお伝えします。どうぞ、真剣に受け止めてください。では、以下に。

私:あなたから言いたいことはある?
猫:そうね~。人間はもっと他人を尊重すべきよ。何か間違いがあったとしてもね、それで鬼の首でもとったように指摘する(とか責める)のはおごりよ。そこでも学ばなきゃ。その他人の間違いを自分もしないように、ということと、その他人の間違いを許す、ということを。
私:なんだか、私が言われてるみたいだなあ~。
猫:あなただけがそうじゃなくて、みんなそうなの。ひとりずつでも変われば、少しずつ良くなる。そうだ、そのために、このメッセージをもっと広く人間に伝えてよ。できるでしょ。
私:そうだね。わかった。大した影響力ないかもしれないけど、やってみる。
猫:がんばってね。

この子の、このメッセージ以外にも、他の子の言葉で、「人類の平和を願う」とか「平和を築きたい」とか、みんなすごいこと言うんですよ。
彼らにも許可をもらって、もう少し詳しくメッセージを公表することも私の使命かもしれないと、感じています。

アニマルコミュニケーション導入 [アニマルコミュニケーション]

ローレン・マッコール先生のアニマルコミュニケーションのセミナーを受講してきました。

ローレン先生、素晴らしい人物でした!

この方に師事できて本当に良かったです。

愛と中立と倫理の意識がしっかり土台にあってこそ、意義あるアニマルコミュニケーションとなるのだと、感動してきました。

ローレン先生から教わったことは、単なる技術だけではなく、真理あり、叡智あり、もちろん愛あり、慈悲あり、受容あり、傾聴あり、、、

何事においても言えることだろうけど、よりよい意義あるアニマルコミュニケーションのためには、自分自身の成長も絶対条件だと心を引き締めるとともに、高き目標をいただけたという感謝の気持ちと、なお一層やりがいのある任務だと燃える気持ちでいっぱいです。

一に練習、二に練習、三に練習、がんばります!

愛する患者さんたち、必ず期待に応えます!

まずは、アニマルコミュニケーション導入のご報告まで。。。

アニマルコミュニケーション ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。