So-net無料ブログ作成
検索選択

GUNAによるサイトカイン療法 [ホモトキシコロジー]

GUNAのサイトカイン療法について少し書きます。(内緒って言ったのに。。)
あるサイトカインを強めたい場合、同じサイトカインを投与します。また、あるサイトカインを弱めたい場合は、反対の作用を持つサイトカインを使います。
たとえば、自己免疫性疾患以外の病気のほとんどは、Th1またはTh2というリンパ球が優勢になることが原因のひとつとされています。アトピーなどはTh2というリンパ球が優勢になっていて、IL4が多く存在し、これがBリンパ球をを活性化させ、IgEが分泌されアトピーの症状が発現します。これらの過程を抑制することで、アトピーの改善につながるのです、では、どうするか?
ひとつはHeelのホモトキシコロジー製剤のうち、EngystolやGalium Heelなどを用います。これらの製剤はTh1を強化しインターフェロンγの産生を促し、これがIL4を抑制します。また、、Th2を抑制することで、IL4の産生を抑制し、結果としてBリンパ球の刺激が少なくなり、最終的にIgEが減少します。
このようにTh1/Th2のバランスを整え、アトピー体質を改善させるのですが、重症の場合、なかなかそううまくはいかない場合があります。そのような場合にGUNAでは、Th1およびTh2に働きかけるEngystolやGalium Heelに加え、サイトカイン自体の強化や抑制を行う製剤の使用を提唱しています。
過剰なIL4を抑制(ダウンレギュレーション)するために反対の作用を持つIL-12 4CHを、そして、INFγを強化するためにINF-γ 4CH用いて、サイトカインのレベルでTh1/Th2のバランスをコントロールします。
まだまだ、この製剤を使って間もないのですが、イタリアだけでなく、アメリカのホモトキシコロジーを行っている獣医師の間でも、少しづつ広まってきているようです。いずれ、Broadfoot先生あたりが本を出してくれることでしょう。
そうそう、さすがイタリアだなと思うのが、女性の美を考えた製剤もたくさんあります。
BioLiftingクリーム、アンチエッジフェイスやアンチエッジスキンなどなど。
気になるな~。







続きを読む


もうひとつのホモトキシコロジーGUNA [ホモトキシコロジー]

去年から、少しづつ新しい治療法を模索していました。
そのひとつに、イタリアンホモトキシコロジーで有名なGUNA社の製品があります。
ドイツのホモトキシコロジー療法はだいぶ日本に浸透してきましたね。
有名なところでは、Heel社があります。HeelもGINAのホモトキシコロジーも素晴らしい治療法です。
このGUNA社は自社製品のホモトキシコロジー製品とHeel社のホモトキシコロジー製品の両方を扱っています。
イタリアにIvo Bianchi先生というホモトキシコロジーの大家がおられます。この先生が、GUNAとHeelのホモトキシコロジー療法に関与しているようです。GUNAとHeelは単独で治療することもあれば、お互いに併用して効果を高めることもできます。
GUNAの治療における方法は、大きく5つのコアからなります。
1.デトックスおよびドレナージ
2.細胞代謝のサポート
3.P.N.E.Iバランス(神経-内分泌-免疫の再プログラミング
4.細胞内栄養素のサポート
5.症状のコントロール

GUNA社のホモトキシコロジー製剤の特徴は、植物レメディ・鉱物レメディ・動物レメディ・臓器レメディ・ノソドだけでなく、ホルモンサイトカイン、神経ペプチド、成長因子などをホメオパシー化した成分を含んでいて、生体内の免疫・内分泌・再生などに直接働きかける可能性を秘めていることでしょうか。
なかなか興味深い治療です。
詳しくは、内緒。

続きを読む


お雛様 [和み]


image-20130216143130.png

image-20130216143153.png

image-20130216143210.png

image-20130216143229.png
お雛様とチューリップ病院に飾りました。
もうすぐ春ですね。

注目の癌治療用サプリメント Avemar(アベマー) [自然療法]

アベマーは小麦胚芽をサッカロマイセス セレヴィシエという酵母菌で発酵し、その発酵物の濾過液をフリーズドライで乾燥して製造されています。このアベマーの開発に大いに貢献したのは、ビタミンCを発見し、ノーベル賞を受賞したセント=ジョルジです。セントジョルジは、小麦胚芽に含まれるキノン類が抗腫瘍作用を発揮することを発見しました。そしてこのキノン類は
酵母による発酵という過程で、さらに増やすことに気づきました。これが、アベマーの開発に繋がりました。このアベマーは、ハンガリーで開発された癌用サプリメントで人間用では、ハンガリーと米国で、動物用はImmunoVetという商品名でハンガリーで製造されています。
アベマーの抗がん作用に関しては数多くの研究論文が発表されています。大きく分類すると以下の4つの作用が解明されていました。
1)がん細胞は正常細胞の10~50倍もグルコースを取り込みます。グルコースを多く取り込むがん細胞ほど増殖が早く、転移を起こしやすいがん細胞と言えます。 アベマーはがん細胞のグルコースの取り込みや嫌気性解糖系を阻害することによってがん細胞の増殖を抑制します。
2)細胞にはPARPという損傷を受けたDNAを修復する際に必要な蛋白質があります。がん細胞はPARP蛋白の量が多いためDNA修復活性が高くなっています。アベマーの持つPARP活性を阻害する作用は、がん細胞のDNA修復力を低下させて、アポトーシスを起こす効果があります。

3)正常な細胞は表面にMHC-1という分子をもち、それによってナチュラルキラー細胞(NK細胞)が攻撃しないようにサインをだしています。がん細胞もこの分子を表面につけNK細胞の攻撃を回避して身を守っているのですが、アベマーはがん細胞がこの分子を表面につくらないようにしかけ、NK細胞の攻撃を促進させます。

4)癌細胞は自分を養う血管を新生して増大しようとします。癌が作る血管は通常の血管と異なり、ICAM-1という接着因子の発現が低下していると言われています。ICAM-1はマクロファージやリンパ球などの免疫細胞が血管から出てがん細胞へ移行するときに必要です。アベマーは腫瘍血管の低下したICAM-1の発現を高めて、マクロファージやリンパ球ががん細胞を攻撃するのを助けます。

多くの臨床試験によって、アベマーは標準治療と併用して、副作用を軽減し抗腫瘍効果を高めることが示されています。アベマー単独でもがん細胞の増殖を抑える効果や免疫力を高める効果など複数の作用機序で抗がん作用を発揮します。
人の癌治療の例では、大腸がん、悪性黒色腫、乳がん、肺がん、頭頸部腫瘍、小児がん多くのがんでアベマーの効果が検討され、その有効性が多数報告されています。
このアベマーの動物への適応はまだまだこれからであり、未知の部分もあります。アベマーは癌治療のためのサプリメントではありますが、適応には他の治療法との相性、そして大切なのは、動物との相性テストなどで問題なく使用できるかを十分に判断して使用することが重要でしょう。
犬や猫に対する具体的なプロトコールは、欧州で確立されたものがありますので、それに準じて投与します。
また、このアベマーは、患者が現在受けている治療やサプリメント、そして患者の状態のより、使用できない場合がありますのでご注意を!それ以外では、全くと言って良いほど、副作用はないようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

アベマー [自然療法]

ハンガリーで開発されたアベマーというガン治療薬を導入しました。
人医の分野ではかなり癌治療に効果が認められています。
小麦胚芽から作られたサプリメントですが、どちらかというと癌治療用機能食品に分類されるようです。
犬や猫の投与量が明確になったのでこれからの癌治療の強い味方となるでしょう。
楽しみです。

大いなる存在に感謝。 [和み]

今まで3回、眼にできたメラノーマを克服したチワワの患者さんがいました。
高齢で、心臓も強くなかったけど、飼い主さんの愛情でとてもよく治療に反応していた。
しかし、数日前に天国に行きました。

飼い主さんが、亡くなった翌日、ワンちゃんを綺麗にしてあげ、霊園に連れて行く前に、その綺麗な姿を僕に見せに来てくださいました。
最後に僕らに会いに来てくれたんだね。。。

なんという愛らしい姿だろう。その顔を見ると、とても死んでいるようには見えない。
まるで子犬がよく眠っているようでした。

バッチフラワーレメディのおかげもあるのでしょう。
とことこと自分の寝床に行って寝始め、飼い主さんが気が付いた時には寝ていた状態で天国に行ったそうです。まったく、苦しまずにそのまま安らかに。。。

もうその子に会えない寂しさもあるけれど、安らかに天国に連れて行ってくださった存在に感謝の念がこみあげて、大泣きしてしまいました。。

そして、飼い主さんとワンちゃんが最後の最後に僕らに会いに来てくれたことが大変うれしかった。
そう思うと、次の診察予約があるのに涙が止まらない。

わんちゃん、最後の最後まで「よくやったね」
会いに来てくれてありがとう。



バイオレゾナンスセミナー in 大阪に行ってきました。 [バイオレゾナンス メソッド]

いや~、暑いっすね。
でも、この暑さ中でもひらひら飛ぶ蝶などの昆虫を見ると、暑い夏も風情があっていいものですね。

さて、ひさしぶりにバイオレゾナンスのセミナーに参加してきました。
今回のテーマは、RAH-Vetという新しいモジュールです。
この新しいモジュールを使って、動物専用のRAHトリートメントができるようになります。

この日の講師は、ドイツで動物および人間の治療をされているブンケンブルク先生です。
犬、猫、馬、鳥、爬虫類、魚類、うさぎなどのバイオレゾナンストリートメントについて講義していただきました。

講義の中で特に興味があったのは、潜伏睾丸(陰睾)を下降させるプログラムです。ブンケンブルク先生の経験では馬を含め6例に試し、100%効果が認められたそうです。
これは、試してみる価値ありそうですね。

来週早々に、RAH-Vetを導入します。
このプログラムで多くの動物たちが元気になってくれたらと思います。


耳が落ちそう。。。。 [自然療法]

17歳の老犬。
耳が固くなって、痛がっているとのこと。
見たら。。
左耳がほぼミイラ化したみたいになって、ところどころひび割れていて冷たくなちゃってる。
この状態になって1週間以上は経過している。
もうちょっと早く治療したかったな~~~~。
耳が落ちゃうよ~~~~(泣き;)

飼い主さんには、耳が落ちることを覚悟してもらいダメもとでどうするか、うんうん唸りながら考える。
うんうん唸りながら。。。。。そうだ、あれがあった!

やったのは、ホモトキシコロジーとハーブプラセンタ
1週間後。

な、なんと。7割ぐらいは改善。
すごいな。。。
プラセンタ。。。(ま、他も有るかも知れんが。。)
耳が皮膚の色をとりもどし、再生していた。

そういえば、1週間前はとぼとぼ歩いてたのが、今回はスタコラサッサと病院に向かって走ってたっけ。





オーラ写真 [和み]


image-20120429050244.png

image-20120429050300.png

image-20120429050314.png

image-20120429050323.png

image-20120429050337.png

image-20120429050417.png

image-20120429050437.png

image-20120429050505.png

image-20120429050521.png

image-20120429050600.png
たまには、こんな事して和んでます。

免疫介在性関節炎(リューマチ様関節炎)について [自然療法]

今回、免疫介在性関節炎について少し書きます。
ただし、これはあくまで僕の知る範囲の事ですので、内容に関して保証はいたしませんし、質問やコメントに関しては、ご遠慮ください。

これは、関節(具体的には軟膏、関節包、滑膜)に対して免疫的な攻撃が起こす破壊するやっかいな病気です。
何故やっかいかと言うと人間も犬も一度免疫介在性のプロセスが始まると、現代医学で治癒することは無いと言われているからです。
また、免疫介在性関節炎における潜在的な原因がはっきりとは解明されていないため、免疫反応の抑制と痛みのコントロールに治療の主要目的となり、予後は不良であり、病態は次第に進行し悪化していきまず。

一般西洋薬は、関節の炎症や痛みの緩和に焦点を合わせていますが、自然療法はそれ以外にフリーラジカルによる炎症緩和、免疫システムのバランス調節、障害を受けた細胞の修復などにも焦点を当てていきます。

一般的に急性関節炎は単なる炎症性疾患であり、細胞内までは影響を受けていないのですが、免疫介在性関節炎は、細胞膜または細胞内まで障害が進んでおり深刻な段階を意味しています。この段階になると細胞間質はすでに機能不全に陥り、正常な免疫反応、毒素の排泄、自己修復、正常な細胞代謝などはほぼ不可能となっています。
したがって、いくつかの治療を複合させ多角的に対処しなければなりません。

絶対に外せない治療としてプラセンタの注射を週に1~2回行います。プラセンタは、関節などの炎症の緩和、免疫調節、肝臓の強化、再生刺激など様々な効能がある素晴らしい治療薬です。これを基本に様々な治療を組み合わせて行きます。

一つ目は副腎や胸腺などの臓器エキス、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミンC、αリポ酸、グルタチオンなどの栄養療法で、標的器官を保護し、炎症を緩和させます。副腎エキスと胸腺エキスは、すべての自己免疫性疾患の治療に対して、もっとも重要なもののひとつです。

二つ目はドイツまたはイタリアのホモトキシコロジー製剤を用い、以下の様な全身の徹底的なデトックス、免疫調整、症状の緩和を行っていきます。
リンパ、末梢循環、細胞間質、肝臓、腎臓、腸管、細胞内からの徹底的なデトックス。
細胞内エネルギー代謝および呼吸代謝のサポート
細胞内外のフリーラジカルの除去
ステロイド使用後のダメージの緩和
関節面の修復。臍帯、関節軟骨成分を含有。
免疫調節。Th1,Th2のバランス調節、そして、Th17のコントロール。自己免疫性疾患はTh17が関与しています。
鎮痛および抗炎症作用

三つ目はハーブ療法です。リウマチに効果のあるハーブは沢山あります。主にハーブの抗炎症、解熱作用を利用しますが、中には活性酸素の除去、血液の浄化、肝臓や腎臓の強化、免疫を調節する作用などもありリウマチには大変有効と思われます。

また、リウマチは大変痛みの激しい辛い病気です。バッチフラワーレメディによる精神面でのケアが肉体面での苦痛を和らげます。

最後は、バイオレゾナンス療法で、体のエネルギー調整、特に腎を強化します。骨は腎により作られるため重要です。
その他、エネルギーチャージや電磁波、ジオパシックストレス、重金属の負担の解除なども同時に行います。

他に現在検討中なのが、LDN+αリポ酸点滴療法です。詳しい説明は省きますが、人間の代替医療において自己免疫性疾患、癌、肝硬変などにかなりの効果および実績をあげている治療法です。このLDN+αリポ酸点滴にさらに高濃度ビタミンC点滴療法を加えた治療は現在、自己免疫性疾患および癌治療において、代替医療の中では最強の治療だと思われます。(注:猫には、αリポ酸は使用しません。感受性が高いので死にます。)

免疫介在性関節炎は、かなり難しい疾患です。通常、ほとんどの病気は、細胞介在性免疫(Th1優勢)が関与しているか、液性免疫(Th2優勢)が関与しています。たとえば、炎症性であればTh1、アトピー・癌であればTh2が優勢になっています。しかし、自己免疫性疾患は、Th1,Th2のバランスというよりも、むしろTh17が関与していることが分かってきました。一般西洋医薬でも、自然療法でもTh1またはTh2のコントロールはある程度できるのですが、Th17のコントロールについてはまだまだ未知の世界だと思われます。
たとえば、ドイツの自然療法の中には、Th1とTh2のバランスをとるための製剤はありますが、Th17のコントロールできる製剤は、僕の知るところでは無いと思われます。
一方、イタリアのある自然療法で使われている製剤には、なんとインターフェロンやインターロイキンなど各種サイトカインのホメオパシーが含まれています。これによって、直接免疫系にアプローチすることが可能になってきました。
今のところ、重症アトピーにこの製剤を使用して、いい結果が出てきています。自己免疫性疾患にも応用できるかもしれません。
Th17をどう制御できるかが自己免疫性疾患を克服の鍵と言えます。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。